成功事例

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】 様

評価制度を構築する

社長の想いを伝え、共有し、組織として一つになる

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】 様

少人数であれば一人ひとりの顔が見えるので、昇級や昇進も所謂えんぴつ舐めで問題はなく考え方の共有も可能でした。しかし会社の拡大とともに難しくなり、バラバラになるのではと懸念していました。
そこで取り組んだのは、給与のルールを見える化して社員との面談機会を持つ事、そして私の想いを社内の共通言語として落とし込む事でした。特にステップアップに必要な要素をまとめた、通称「ドラゴンボール」は、社内でも合言葉のようになっています。
新入社員にも考え方やビジョンの共有ができ、昔のようなチームワークが戻ってきたように思います。また中小企業は数年で会社の状況が変わり、必要な制度も変化します。当社も最初の制度から3年後にリニューアルを行いましたが、アフターフォローでのお付き合いがあったため、すぐに現状に合わせた新しい制度が構築出来ました。

─ 代表取締役 倉坪 茂親 様

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】 様 会社概要

事業概要 ・デザイン住宅のトータル提案
・デザインリフォーム(増改築)提案
・家具・雑貨のトータルコーディネート及び販売
所在地 岐阜県高山市下岡本町1357-1
URL http://nozomihome.com
設立 1919年
社員数 28名 (アルバイト含む)
インタビュー協力 代表取締役 倉坪 茂親 様

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】様が行ったプログラム

評価制度を構築する

人事制度の主軸である「評価制度」の構築です。
会社側が評価する基準を明確にする事で、社員が目指すべき方向性が明確になります。社員の成長を通して、会社の成長を実現するための制度です。

詳しく知る

評価制度を構築する

ページトップ