人事労務プログラム

社員を序列化し、「組織化」を進める等級制度

概 要

人事制度の主軸である「等級制度」を構築します。
社員を能力・職務・役割などで序列化し、それぞれに応じた責任や権限、処遇を明確にします。適切な人員配置を進めることにより、組織力のアップを実現します。

このようなお困りごとを解決します

社員が増えてきたため、適正に人員配置を行った上でだんだんと組織化していきたい。
部長、課長、係長などの役職者はいるが名ばかりになっており、実質の長は社長のみ。
ポストに空きがないため昇進できない社員が多く、モチベーションが下がっている。
年功序列の色が強いので、実力に応じた役職・給与を与えたい。

支援内容

等級制度の構築
人員構成の整理、組織化

期 間

4ヶ月~6ヶ月程度

成功事例

事例1:
役職ごとに役割と責任を明確にした事で、管理職に自覚や意識が芽生えてきた。
事例2:
社員を序列化する事で上下関係ができ、良い意味で組織に締まりが出た。

株式会社ソフツー 様

等級制度を構築する

外部コンサルを利用するメリット

会社を「人の集まり」で終わらせてしまうのか、「組織」として機能させる事ができるか…。経営者としての手腕が問われるポイントの一つです。人を受け入れる体制を作るために、増員前に人事制度を整えて「組織化」を成功させた事例をご紹介します。

株式会社ソフツー 様

インタビュー

このプログラムのお問い合わせ

ページトップ