人事労務プログラム

理念浸透!想いを伝える評価制度

概 要

人事制度の主軸である「評価制度」を構築します。
会社の考え方や理念を人事制度に組み込む事で、部門や役職問わず通じる「共通言語」を作り、価値観の共有と組織力の向上を図ります。経営理念に基づいた“御社が求める社員像”を育てる事が可能です。

このようなお困りごとを解決します

明確な評価基準がなく、社長のえんぴつ舐め状態である。
社員が増えるに従って、組織がバラバラになりチームワークが弱くなってきた。
社員とコミュニケーションを取る機会が少なく、会社の考え方が伝わっていない。
自社で活躍できる人材を育てたい。

支援内容

評価制度の構築
評価シートの添削
評価面談への同席

期間

4ヶ月~6ヶ月程度

成功事例

事例1:
評価基準が明確になり、査定する際の説得力・納得感が増した。
事例2:
理念に基づいた人材育成が実現でき、チームワークが向上した。

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】 様

評価制度を構築する

社長の想いを伝え、共有し、組織として一つになる

少会社が拡大するにつれ、往来のやり方では社内でのコミュニケーション・情報共有が難しくなります。人事制度はヒトを評価する事が目的ではなく、制度を通して会社の考え方を伝え、社員の成長を促すためのツールです。
制度を上手く活用し、組織力のさらなる強化を実現した事例をご紹介します。

古川製材株式会社【NOZOMI HOME】

インタビュー

このプログラムのお問い合わせ

ページトップ